DJ Pierre / Phuture « Acid Track » / VA – 35 - 003
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

DJ Pierre / Phuture « Acid Track » / VA – 35 - 003

Last 3

3,000 JPY

About shipping cost

2019年、DJ PIERREがDJとしてアシッドハウスミュージックを作り続けて35年の節目の年となり、ACID TRACKのリミックス35曲を7回に分けて紹介するこのシリーズは、DJPIERREにとっても大変貴重な企画であり、ダンスミュージック史における新しいジャンルとムーブメントの火付け役を記録する重要な作品! 1987年、シカゴのグループPhuture-DJ Pierre、DJ Spank-Spank、Herb Jによって初のアシッド・ハウス・レコード「Acid Track」がリリースされた。Roland TB-303のつまみを演奏してひねることで、しばしば「スケルチ」「トリッピー」「サイケ」「フューチャー」「この世のものではない」などと表現される全く新しい(当時としては全く奇妙な)楽器音を作り出したのは、DJ Pierreである。スパンキーがビートを刻み、"Acid Track "が誕生した。 シカゴのミュージックボックスのレジデントDJであった伝説のロン・ハーディーはこの奇妙なトラックを聴き、ダンスフロアで1度ならず4度もプレイし、熱狂的な盛り上がりを見せた。 アシッドの「スクルーズ」のニュースはシカゴを中心に瞬く間に広がり、その後大西洋を越えて、イギリスのアシッドアーティストたちの次のパイオニア的な作品にインスピレーションを与えた。ここから、「第二のサマー・オブ・ラヴ」(1988年)として知られるアシッド・ハウス・ムーブメントが始まったのである。このムーブメントがヨーロッパをはじめ世界中に広がり、今日のレイブやフェスティバルのシーンとなったのである。 DJ PIERRE、あなたのダンスミュージックへの伝説的な貢献と革新的な火花に感謝します! この世界は "Acid Track "とアシッドハウスなしにはありえない! これからの35年に期待しよう。 1 Acid Track (K' Alexi Shelby Remix) Remix – K' Alexi Shelby* 7:26 2 Acid Track (Posthuman Remix) Remix – Posthuman 7:16 3 Acid Track (Lauren Flax Remix) Remix – Lauren Flax 8:01 4 Acid Track (Acidulant Remix) Remix – Acidulant 5:45 5 Acid Track (30303 Remix) Remix – 30303 5:58