{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

Duñe x Crayon [Hundred Fifty Roses LP]

Last 3

3,000 JPY

About shipping cost

FKJやトム・ミッシュ、ジェイムス・ブレイクを予感させる! 大人気レーベルRoche MusiqueよりDuñe x Crayonによる待望のデビューアルバム「Hundred Fifty Roses」LP盤 ライブ演奏とデジタルテクノロジーを駆使し、エモーションの追求の先に行き着いたブルージー哀愁。 静かな中に心の叫びが情感たっぷりにこだます。 官能と感動に満ち溢れた名作アルバムの誕生だ!! によって発掘され、FKJやKartellに近い作風が特徴的なCrayon。 そして、デュオSajeの片割れから独立し、進化を遂げてきたDuñe。 ふたりは、それぞれが独学で音楽が学びプロデューサーとしてのソロ・キャリアを経たのち、Roche Musiqueの一員として自然に仲良くなり、2016年にはじめてタッグを組んで発表されたEPは高い評価をもって受け入れられた。 正反対に位置するパリの郊外に住んでいた2人は、お互いのスタジオに通い窒息しそうになるまで昼夜関係なく籠り、このアルバムを数年以上に渡り作り続けてきた。 制作過程、作詞作曲、演奏のすべてにおいて自らをさらけ出した作風は、時にアングロサクソン風のリズムを刻み、インディーならではの温かいタッチを内包させている。 HERの元ベース奏者Thomas Clairiceが優しくポップなグルーヴをトラックに乗せ、ゲストシンガーが13曲中6曲に参加し、優しく官能的なヴォーカルで聴く人を強烈に惹きつける。 フランス人シンガーでラッパーのIchonによる滑らかな声は先行シングル・リリースされた「Pointless」にてリスナーを魅了し、Gracy Hopkinsは自らのソウルを「Your Fruit」にスローモーションで描き、IchonのプロデューサーでもあるPh Triganoは、Swingと共に「PS」を支え、そしてCrayonがソロ・プロジェクトですでにレコーディングをしていたLossapardoは「Slowdiving」に忍耐強いビートとハーモニーを刻み、ラデュレのイベントに来日公演したフランスで話題の女性デュオ、ブリジットの オレリー・サーダ が「Invisible」にて妖艶な歌声を披露している。 A1. Save Yourself First A2. Not In Love A3. Slowdiving (feat. Lossapardo) A4. Hundred Fifty Roses A5. Your Fruit (feat. Gracy Hopkins) A6. Flowers & Honey Interlude B1. Invisible (feat. Aurélie Saada) B2. Pointless (feat. Ichon) B3. Polterguest B4. Vicious Cycle (feat. FKJ & Gracy Hopkins) B5. PS (feat. Swing & PH Trigano) B6. The One B7. Ten Years 試聴リンク↓ https://open.spotify.com/album/5SCpPAXLERpGRtQpM6d1MR?si=HLi9vYOrR8-yI8Uf1C0AGQ